映画『スイッチを押すとき』オリジナル・サウンドトラック

音楽:小西香葉・近藤由紀夫(MOKA☆) 

<映画紹介>
監督:中島 良 脚本:岡本貴也
2011年 9月17日より全国ロードショーされた『スイッチを押すとき』は、ベストセラー作家・山田悠介(文芸社/角川文庫刊)による、観る者に生きる意味を突きつける衝撃作。

当局から派遣された謎めいた看守(小出恵介)の登場により、自殺装置のスイッチを持たされた被験者達ひとりひとりが、渾身の選択をしていくストーリー。

“人は絶望の中で死ぬんじゃないんだ。希望を失ったときに、何かを諦めるんだ”・・そんなセリフが、リアリティをもって響いてくるこの作品に対し、
「自分を殺すこととは?苦しみの中で生きていくためには?」など、登場人物たちと同じようにもがいたり光を見出したり、自問自答しながらMOKA☆が創った音楽集。
せつなかったり刺激的だったり様々な音楽アプローチで、生と死を奏でています

収録時間:51' 19" (23 tracks )

TRACK
1.SWITCH – silence
2.脱出
3.幸福の終わり
4.あと少し生きてみない?
5.使者
6.破けた心
7.安らぎの中で
8.優しさの正体
9.告白
10.失った希望
11.SWITCH – hard rain
12.帰宅
13.逃げる
14.遊園地
15.壁の落書き
16.それぞれの虚空
17.ひとときの休息
18.暴走
19.外の世界
20.閉ざされた扉
21.資料室
22.どこへいこうか
23.スイッチを押すとき

http://www.pakchys.com/ost_cd_bd/260/

¥ 800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。